スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

90?ふ~ん。あっそw

2012.03.20 (Tue)

おっと日付が変わってしまう…(笑)

後程コッソリ追記します(´▽`)
**********
※これより下、汚い内容のモノも含まれますのでお食事中の方はご遠慮下さい。
って、食事しながらこんなの読まないよね(笑)



昨日でひとみばばあ←が90歳になりました。

ふ~んいいんじゃない?90でも100でも勝手になれば…。

・・・えぇ。祝う気ゼロキャハ

そもそも私も子供の頃からひとみばあさんに誕生日とか祝われたことないですし()


ここ一週間位前から、お腹の調子が悪かったのか、○リPーをする様になり、その度に部屋に置いてあるポータブルトイレの周囲を汚す様になりました。
何故汚すのか…。
便座に深く腰掛けないから。
便座の手前側に座ってしちゃうんですよね。そうなるとどうなるか…もうご想像の通りかと思います。
それが一日に何度も続き、その度に母は掃除とばばあのケツを拭き取り…を繰り返すハメに…。
あまりにP-様が酷いので何処か悪いのか?と思い病院へ連れていくも、特に異常はみられず「えぇ。元気ですね」とのこと。どうやら単なるP様だったらしい…。
でも部屋のトイレでも自分で用を足せないとなると、今後はオムツに全てしていただくしかないので、病院から戻ると今度はトイレの躾が始まりました。
あんた犬かよ←実際犬年ですけど…^^;

でもこれがなかなかオムツにしてくれ様とはせず、トイレでしようとします。
抵抗があるのでしょうね。何かオムツ=赤ちゃんのモノ という認識があるらしく、大人用のサイズのオムツだと言ってもサイズが小さいから横から漏れてしまうのを心配しているとかいないとか…。

3日前だったかなぁ?私が居間で録画していた「聖なる怪物たち」の最終回を観てる時に部屋から出てきましたよね。
久しぶりの徘徊でした。
えぇ。ドラマもドラマだっただけに廊下から聞こえる足音は更に恐怖を煽り心臓バックバクでしたよね(笑)
で、現われたひとみばばあの一言。
「おしっこってどうやってすればいいんだ?」ですからね~。

だーかーらー。オムツにしろって言ってんだろうが

って思いましたけど、グッと堪えて「ばあちゃん、オムツだよオムツ。そのままお漏らししちゃいなよ。オムツが吸い取るから」と何度も説得し、そのうちお漏らし出来たらしく、その夜中はどうにかなりました。
まぁ部屋に戻る時に足が生まれたての子牛みたいな足でガクガクして歩けなかったので、お手製のキャスター付イスで部屋まで運ぶという事にはなりましたけど…。
いや~あの夜中は本当に酷かった^^;

でも酷かったのは今朝だったのです。

やはりどうしても“オムツに用を足す”という行為が出来ないのか意味が分かってないのか、とりあえず気味が悪いから昨日はばばの部屋の鍵をかけて寝たのですが、どうやら夜中に私達が使っているトイレで用を足そうとしていたらしく部屋を出ようとしたらしい…。
でも部屋のドアが開かないので、どうしていいのかわからなくなったばばあは、オムツを剥いでベッドの上でしたとかしないとか…あまりその辺の事情は聞いてませんが、とにかくオムツにはしてくれなかったのです。
オムツの意味ないし(爆)

そして朝、母が部屋へ行くとおケツ丸出しにして何かを隠しているばばあの姿を発見したそうで、そこからが大変でしたよね。
押入れも全開にして何かしていたのでしょう。
今日は仕事終わってから、押入れにも釘を打って固定する事にした様です。
突然大きな怒号が響いたので私もすっかり目が覚めてしまい、あれは6時半でしたかね。
寝たの3時過ぎなんだけどなぁ…^^;

もう父も母もイライライラ…

おまけに私までイライラし始めて「いい加減にしろ何回言われたらわかるんだ」と朝からブチ切れてしまい訳わかんない状態となってしまいました(笑)
三人してキレてどうする(笑)

ばばあ!もう縛り付けるぞ!!
って事なのでひょっとすると今晩辺り本当に抑制するかもしれません(笑)
でも抑制バンド?みたいなのうちにないしなぁ…^^;
どうやって縛り付けたらいいのかもよくわかりません。


でもこのばあさん、我が家が見放したらもう孤独死確定ですからねぇ。
施設だって空きが出ない。父の兄弟は皆拒絶^^;
本当に我が家だけですよ。全部負担かかってますよね。
他の兄弟何やってんのよ!って感じですが、これも全てはひとみばばあの昔からの人徳のなさ故の事なのでしかたないです。
子や孫に愛情を注がなかったがために、今誰も気にかけてくれる人も居ない。
まぁ自業自得です。本当に元々性格が悪いんで…^^;
そして、学びますよね。人には優しくしていこう!って…(笑)

おそらく私はばばとは性格が似てないと思うので、こんなにも嫌われる老後は送らないと信じたいです(笑)

で、昨日は入浴介助の日だったのですが、ヘルパーさんが様子がおかしい事に気付き、全てをお話し、担当のケアマネさんに伝えてくれたみたいです。
なので、さっきケアマネさんから心配する電話がかかってきました

今年の春に認知症患者専門に扱う施設が出来るとのことで、今だったらまだ少し空きがあるとのこと。
そちらへの入所手続きをしてみてはどうでしょう。ということだったので、あとは父が「うん」と言いさえすれば事はすんなりと進むだろう…と思うのですがどうでしょうか。
きっと「うん」と言うと思う(笑)

今朝、「もうどうしたらいいんだよ~。オレ、殺してしまうかもしれない」とか言ってたので、きっと「うん」というハズ!


あ~イライラしますが、仕事行ってきます

お目汚し失礼いたしましたm(__)m


-2012.03.21 9:56AM 更新-
スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護 - ジャンル : 福祉・ボランティア

23:56  |  ひとりごと  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。